来年は?

来年は?

今年のストック撮影終了

先週で今年のストックフォトの撮影を予定通り終えることができました。撮影させていただいたモデルの皆さま、そして写真をPixtaを通して買っていただいた皆さま、ありがとうございました!今年はトータルでもう少し写真の枚数を増やすつもりでしたが、外での撮影を増やしたこともあり、予定のアップロード枚数にはかなり足りませんでした。

end-of-the-year
Read More


プラスチックフェイス

プラスチックフェイス

昔の話

もうずっと前のことですが、学生のころ通っていたお茶の水にあるアテネフランセという語学学校で、2クールだけ同じクラスだった(音大に通う)音楽家(の卵)の女性がいました。その当時ファッション誌のモデルのアルバイトもしていて、容姿端麗な方でした。通っていたときにはたくさんお話もしましたが、クラスが変わってからはお会いする機会もなく、その後実際音楽家になったかどうかもずっと知りませんでした。

ところがつい先日、(演奏家の宣材写真を調べていたところ)その方の写真を偶然発見しました。実際、音楽家(演奏家)になられて、音楽の第一線で活躍していることを知り、懐かしく、また嬉しく思いました。宣材写真を見ても、雰囲気や面影は昔とほとんど変わっていないと思いました。

レタッチの話

ただ一点、仕事がら気になってしまったことは、宣材写真の肌(顔)のレタッチが強くて肌がつるつるになりすぎ、いわゆるプラスチックフェイスになっていることが惜しまれました。プラスチックフェイスというのは例えば以下のような感じになっている肌のことです。実際の人の顔で説明するわけにはいきませんので、卵でみてみると:
Read More

ストックフォトの良い点悪い点

ストックフォトの良い点悪い点

良い点?悪い点?

ストックフォトの良い点と悪い点を思いつくままに挙げてみました。

良い点

  • 売れると楽しい
  • どのような商用写真がマーケットで人気が高いかをダイレクトに知ることができる
  • 色々な人の写真を見れる
  • 普段撮らないジャンルの写真にも挑戦したくなる
  • 撮影テーマの選定などで失敗しても(写真が売れないだけで)クライアントに迷惑がかかることはない
  • 企画の失敗や撮影方法の失敗など、いろいろな反省点から学ぶことができる
  • ストックフォト活動を通じて知り合った人たちと今後仕事でも協力していくことができる
  • 依頼ではないので、好きなように撮ることができる
  • 病気で倒れたときなども一定の収益が入ってくる可能性がある
  • 電車内広告などで不意に自分の写真を発見すると嬉しい
  • 仕事ではないので気分転換になる
  • 写真を撮るだけでなく、写真を媒介としたいろいろなビジネスについて考えるようになった
Read More


11月は物撮りが好調

11月は物撮りが好調

単品好調

先月(11月)の売り上げは物撮りの大きなサイズがいつもよりたくさん売れたので、今年これまでの自分の売り上げの中で2番目に良い売り上げとなりました。(EXライセンス含め)Lサイズ以上で売れた物撮りのほとんどは(平置きで数多く撮れるタイプの撮り方ではなく)、一つ一つその都度ライティングしてレタッチも(通常納品レベルに)念入りに行ったものでした。

penfs
Read More