アフターコロナの社会では生活領域のオンライン化によって働き方が大きく変わることについてはすでに書きましたが(「ウイルスと経済」参照)、具体的にはどのような仕事が収入が増え、またどの仕事が収入が減る可能性があるのでしょうか?(下の表に)思いつくままに書き留めてみたいと思います。

社会が変化していく過程では様々な可能性やチャンスが生まれ、これまであまり注目されなかった職業や新たな仕事や人々に脚光が浴びることになりそうです。逆に、これまで安泰だと思われていた職業が大きな打撃を受ける場合もあります。

アフターコロナの社会では、リモートワークによる余暇時間の増加によって、個人的な活動や消費にこれまでよりも多くの時間とエネルギーが注がれることは明らかです。Youtuber、ゲーマー、芸人、アーティストといった「余暇を充足させる職業」にこれまでよりも多くの人が参加するようになり、プロとして活動できる市場が広がっていくでしょう。

逆に、リモートワーク化=オンライン化による効率化によって、大企業のオフィスワーカーの一部がリストラされたり、とりわけ管理職や中間管理職の意義が問い直されることになるのは避けられません。

また、オンライン化によって一人の発言が無数の人に届くので、予備校・塾・専門学校の教師の数は(リストラや採用減によって)これまでよりもずっと少なくなるでしょうし、小・中・高の教師も長期的にはそうなると思います。(注)教師については、これまでよりも少数の人しか採用されなくなるため、一人一人の給料は高くなる可能性もありますが、総体としての教師の市場が縮小するので下の表では利益が下がる仕事に分類しました。

以下思いつくままに「アフターコロナの社会で収入が減る仕事、増える仕事、変わらない仕事」を表にまとめてみました。

収益が落ち込む(もしくはリストラが増える)仕事・業種収益が上昇する仕事・業種どちらともいえない(もしくはあまり変わらない)仕事・業種
印鑑、ハンコ屋
EC、ネットショップスーパーマーケット
タクシーの運転手宅配業フォトグラファー
首都圏の不動産投資、高層マンションの転売スポーツジム士業種(弁護士等)
従来のメディア業(TV・ラジオ・雑誌)サプリメント、薬品販売医者
大企業のオフィスワーカーYoutuber 政治家
民泊・旅館・ホテル業芸人人材派遣業
飲食業(デリバリー以外)プロスポーツ選手公務員(教師を除く)
映画館アーティスト全般ファストファッション衣料品店
百貨店ゲーマー高級ブランド品ショップ
予備校・専門学校・塾教師ビデオグラファー美容師・理髪師
小・中・高の教師(長期的にみて)職人・技術者製造・工場労働
管理職・中間管理職学者・研究者・大学教師電気・ガス・水道
幼稚園・保育園移民労働者ブライダル関連
銀行内装・インテリア・家具の会社看護師
公共交通機関薬品・化粧品メーカー介護士
獣医
建築業(地方)
デリバリーフード
ケータリングサービス
コンサルタント
IT・プログラマー
ホステス・ホスト