写真は「料理」で、ストックフォト会社は「器(うつわ)」

写真は「料理」で、ストックフォト会社は「器(うつわ)」

「料理」と「器(うつわ)」

ストックフォトクリエイターが撮影する写真は、たとえ完璧にレタッチが終わっていたとしても、まだ完成したストックフォトとは言えません。

その状態はいわば、料理が鍋の中で美味しくできた状態にすぎないのだと思います。
Read More


アメリとストックフォトとソフィスティケーション

アメリとストックフォトとソフィスティケーション

アメリ

2001年のフランス映画で数々の賞を獲得した「アメリ」は、個人的に最も好きな映画の一つです。

シュールな物語、主人公の演技、映画全体を通じた画面の色合い、ヤン・ティールセンの音楽、どれをとっても素晴らしくDVDのモーターが擦り切れるほど見てしまいました。

そのように個人的には大好きで、商業的にも成功し、賞を総なめにした「アメリ」ですが、当時辛口の批評家の中にはこの映画を「リアリティーがない」として批判していた人たちも少なくありませんでした。
Read More


ストックフォト的なという形容詞について

英語で、「ストックフォト的な」という形容詞は何というのでしょうか?

英語で「ストックフォト」という場合、(単数で)「stock photo」という言い方は意外と少なく、多くの場合は「stock photography」という言い方が使われているようです。「stock photos」というようにphotoを複数形にした使い方がそれに次いでみられます。
Read More


最近Stocksyの写真が

ひとりごと。

最近Stocksyの写真が穏やかになっている。

以前はもっとタグ付け不能の意味がよくわからない写真が多く投稿されていた。

最近は全体的に笑顔の写真が増えて、「友達」「家族」「楽しい」「笑顔」「幸せ」「嬉しい」などのタグが容易につけられる写真の投稿が多いようにみえる。

前衛的なものはやはり市場的に使いにくいので、少しふり幅を控えめにしようとする投稿者が目立ってきたのかもしれない。

 

 


インスタグラムとストックフォトの違い

インスタグラムとストックフォトの違い

インスタグラムをやってみて

ストックフォト に投稿しながらインスタグラム も継続的にやっている人たちがどれくらいいるのかわかりませんが、私はちょうど昨年の今頃、友人のカメラマンに勧められてインスタグラムをはじめました。

が、この一年間で投稿した枚数は9枚だけで、両立するのは困難なようです・・・それでも色々なインスタグラマーの写真を見て回ったりすることで、多少なりともインスタグラムの雰囲気を知ることができたと感じています。

そこでインスタグラム とストックフォト の違いについて感じたことを書きとめておこうと思います。
Read More


ストックフォト 撮影用のアイテムを手作りしてリアル感を出す

ストックフォト 撮影用のアイテムを手作りしてリアル感を出す

神は細部に宿る

細部とリアリティー

「神は細部に宿る」という言葉は、20世紀初めのモダニズム建築の提唱者の一人、ミース・ファン・デル・ローエたちによって唱えられていた標語だそうですが、この言葉は現在のストックフォト撮影を含めた創作活動の場で大きな役に立つことでしょう。
Read More


文部科学省のせいでモデルリリース が書き直しになった^^

文部科学省のせいでモデルリリース が書き直しになった^^

ゆとり教育

モデルリリース

ストックフォトで人物撮影をしている人はよくご存じのとおり、人物写真をストックフォトで販売するためには被写体のモデルさんに「モデルリリース」を書いてもらう必要があります。

モデルリリースは、被写体となったモデルさんが、確かに自分が写った写真を商用として販売しても良いです、という意思表示のサインをする書類です。
Read More


iStockalypse Tokyo 2017

iStockalypse Tokyo 2017

2017.5/27-28

アーカイブのオリジナリティー

ストックフォト、とりわけマイクロストックにおける定額制の世界的な採用とそれによる併売クリエイターの増加によって、各ストックフォト会社のアーカイブが自ずと似かよってくることも避けられない中で、独自のアーカイブを集めることができるストックフォト会社が、今後の販売戦略において大きなアドバンテージを得ることは間違いありません。
Read More


「中間」の消失—–写真の役割

「中間」の消失—–写真の役割

「中間」が消えていく

去年の5月はもっと涼しかったような気がします。

だんだん日本には「中間」というものがなくなっていき、右か左か上か下か黒か白か暑いか寒いかという二極化が進行しているのでしょう。

以前よく聞かれたファジー理論は日本の十八番だったようですが、現在のデジタルな0と1は曖昧さを許容しないシステムを作り出しているようです。

フィルムカメラの滑らかなグラデーション、アナログレコードの豊かな音の連なりは、今日では非実用の贅沢品となってしまいました。
Read More


レンズと逆光

レンズと逆光

インスタ人気

近年のインスタグラム人気を背景として、ストックフォトにもインスタグラム的な要素(テイスト)を取り入れるコントリビューターがますます増えています。

インスタグラム的なテイストといっても色々とありますが、特に顕著なのが「逆光」で撮影した写真ではないでしょうか。

逆光によって光の飽和を作り出し、フレアやゴーストも演出効果に加えながら、被写体をきれいに輝かせるような写真です。

やや褐色がかった色合いの写真に、そうした逆光の要素が加われば、見事にインスタ風の写真に仕上がり、「いいね」がたくさんもらえるかもしれません。
Read More


ポートフォリオの写真は販売していないのですか?

ポートフォリオの写真は販売していないのですか

「ポートフォリオの写真は販売していないのですか?」というご質問をいただきました。

現在、このHPの表紙に設定してある、写真が並んだページがポートフォリオのページとなっています。

そのページは、最も新しく撮影した写真が上に積み重なるようにしてありますので、上が最も新しい写真で、スクロールして下に行くほど以前の写真となります。

以前はストックではもっぱら物撮りをしていたので、ポートフォリオの下の方では、物撮り系が多くなっていますが、最近では人物の撮影の方が多くなっています。
Read More


3月

3月

今月は、確定申告もあったため、仕事&ストックフォトともに忙しい月となりました。

特にストックの撮影は今月は多めに行っています。

これまで撮らせていただいていたモデルさんが4月に仕事の都合で東京を離れてしまうため、引っ越し前に東京での最後の撮影をしたり、新しいモデルさんも撮らせていただくことができたり、桜の季節らしい撮影環境となりました。
Read More


マタニティーフォト

マタニティーフォト

おそらく、ストックフォトの撮影をやっていなかったらずっと撮ることがなかったかもしれないマタニティーの撮影をする機会に恵まれました。

昨年の終わりに撮影させていただいたモデルさんがご懐妊されたので、マタニティーのテーマでストックフォトの撮影をさせていただきました。旦那様にもモデルを快く引き受けていただくことができ、ご夫婦そろっての撮影となりました。
Read More


ありがとうPixta!

ありがとうPixta!

専属を卒業します

通常の専属として1年、さらに人物専属として2年、Pixtaさんにお世話になってきましたが、本日、専属を卒業させていただくことになりました。専属/人物専属として数々のアドバンテージ(ロイヤリティのUPや掲載順位の優遇など)をいただけたことで、本当に快適にストックフォトライフを続けることができました!

自分のように毎日フルタイムでストックフォトに関わることが難しいカメラマンの場合でも、専属としてのアドバンテージのおかげで、毎月安定したプチ収入を得ることができました。専属としてのこの3年間、小さな不満は口にしたことはありましたが、トータルとして非常に快適な投稿環境を提供してくれたPixtaさんに感謝します!
Read More


6000枚

登録枚数6000枚

数の力

ピクスタへの登録枚数がようやく6000枚を超えました。
もっと早く6000枚に到達するつもりでしたが、すこし時間がかかってしまいました。
すでに撮ってありまだUPしていないものがいくつかあるので、猫の手も借りながら、7000枚にはあまり時間をかけずにいきたいものです。

Read More