著作権と商標権

(今は無き)旧ブログの記事で、下の写真が著作権もしくは商標権的に問題があるかもしれないと書きましたが、問題のありそうな箇所(右側のイラスト)を削除=トリミングして提出しました。

cgfff_9389

以前からこうした法律について詳しく調べなければと気になっていましたが、これを機に自分なりに(日本の法律の範囲内で)調べてみたので、自分に対するメモとして書き留めておこうと思います。ただし、法律の専門家に直接聞いたわけではないので以下、断定的に書いているところも含めて、記載内容を保証することはできませんのでご了承ください。

結論から言えば、おそらく(かなりの確率で)上の写真を(イラスト部分を削除せずに)そのままストックフォトとして販売しても問題はなさそうです。(註1)

というのは、(パッケージなど)なんらかのプロダクトに印刷された絵やイラストは、著作権によって管理されるのではなく、商標権によって管理されるからです。

例えば、もし下のようなイラスト(一枚限りの原画)を直接写真に撮って販売したら、その絵を描いたイラストレーターの著作権を侵害していることになります(販売するためには製作者の許可が必要になります)。
cfdscf6653

しかし、もしこのイラストが、パッケージなどの大量生産品のデザインとして印刷された場合、それは著作権によって保護される対象ではなく、商標権によって管理されることになります。

もし、大量生産品(洋服など)に印刷されたイラストや模様などが著作権によって保護されてしまうとしたら、絵や模様の描かれた洋服を着た人物を撮った写真を販売することはまったくできなくなってしまいます。つまり、ストックフォトのモデル撮影が成り立たなくなってしまうでしょう。

ただし、ここで注意しなければならないのは、大量生産品に印刷されたイラストや模様でも、もし商標登録されていた場合、それが写った写真を販売することは商標権を侵害することになり大きな問題が生じる可能性があります。
ディズニーやサンリオのキャラクターはもちろんのこと、アニメや漫画のキャラクター、ゆるキャラや企業のロゴマークなどは間違いなく商標登録されているでしょうから、それらが写った写真を販売することは危険です。もちろん、ストックフォトの審査の過程でそうした(明確に商標登録されているとわかる)写真は販売不可(もしくはエディトリアル限定)になると思いますが。

では、最初の写真の右側のイラスト(お化けの絵と魔法使いの絵)は問題でしょうか?

大量生産品のプロダクトなので著作権的には問題はないはずですが、もしそのイラストが商標として登録されていたら、販売することはできないでしょう。
ただし、この写真のような汎用性の高いお化けや魔法使いの絵が商標登録される可能性は少ないようなので、おそらく商標権にもひっかかることはなさそうです。
しかし、完全に商標登録されていないとは言い切れないので、念のため上の写真からお化けと魔法使いのイラストを削除して提出をしました。

削除すると写真のバランスが多少崩れてしまってへこみます。
これからはこうした失敗はしないように充分気を付けて撮影したいと思います。撮る前には指差し確認します!

(註1):この点につきまして、retijoさんよりいただいたご指摘(下のコメント欄をご参照ください)にあるような問題もありますので、ストックフォトの撮影・制作にあたっては少しでもトラブルの可能性を避けるように注意しようと思います。