ようやく天気が安定し始めるようです。
太陽が出れば光と陰ができるし、人々の気分や表情も明るくなります。

少し前から、一度の撮影で提出するストックフォトの枚数を(セレクトをより厳密にして)30枚前後にしています(それまでは60枚前後)。
同一のシチュエーションで何度もシャッターを押さない、類似写真(バリエーション)を出さない、というのが理想です。

iStock,gettyimages のポートフォリオのページで、「最新順」の表示にすると(以前は提出した写真がすべて新しい順で表示されていましたが)最近は最新の提出写真のほんの数枚しか表示されなくなりました(PCで見ると)。タブレットで見ると、今まで通り見れるようです。

ストックフォトの世界市場で受容されている、いわばインスタグラム的な自然な写真の流行は、あとどれくらい続くのだろうか?
次にどのような(大小の)流れが来るのだろうか?
全面的に変わるということはないとは思いますが、ストロボの扱い方や被写界深度の扱い方にもう少しバリエーションが出てくるかもしれません。

表紙の写真を2枚変えました。

先日、久しぶりに風邪をひきました。