ペンの曲がり

撮影での反省

マイクロストックの撮影は基本的になんでも自分でやらなければならないので、注意力を維持するのが大変です。集中力が落ちているとなんでこんなことを見落とすのだろうということも、写真を撮り終えてから気づくこともままあります。例えば、恥ずかしながらこのような大きなペンの曲がりも撮っている最中は気がつきませんでした・・・

1

こういう場合は仕方がないので、レタッチで消すしかありませんが、単体では時間のかからないレタッチでも、バリエーションがいくつもあると全部同じ単純作業を繰り返すことになって精神的な疲れが増してきます。わずかな注意力を怠らなければ、そうした不要な単純作業を無くすことができるので、撮影前の確認作業は充分時間をとらなければならないと改めて痛感します。次々と移動しながら撮る外での撮影では特に、流れや惰性で撮ってしまうことにもなりがちなので、いったん立ち止まってこうした基本的なことを確かめる作業が大切になります。

2