ストックフォト(イラスト)のブログで、毎月の売り上げや収益を報告している人が多くいます。

「ストックフォト(イラスト)」「収入」「報告」といったワードで検索するとそれらのブログはすぐに見つかると思いますが、それらの中には全然信ぴょう性のないくらい多くの額を報告しているブログも少なくありません。

本当の収益を公開している人と、嘘の売り上げを公開している人(ブログ)の違いは、クリエイター名、もしくは自分のポートフォリオを公開しているかどうかにつきると思います。

クリエイター名もポートフォリオも公開されていない場合は、月の売り上げが20万、30万になりました!とか言われても、検証のしようがありません。たとえ売り上げの上昇グラフをきれいに作ってあるとしても、グラフの数字自体に信憑性がありません。

そのようなうその報告を挙げる理由は、ブログの閲覧者やページビュー(PV)を増やすことによって(微々たる)ブログ収入を得るためです。

クリエイター名かポートフォリオを公開している場合には、その人のPixtaのレベル(レベル1~6)を見れば収益はかなり正確に予測できます。

併売をしているクリエイターでPixtaに登録していない人は皆無なので、Pixtaのレベルを見れば、それ以外のストックフォト会社での売り上げもおおよそ予測することができます。

実際、売り上げを報告している併売の人のブログで、クリエイター名も公表せず、月の売り上げが20万以上になったなどと言っている人もみかけましたが、併売でそれだけ稼ぐには、Pixtaのレベルで4(5に近い4)~5、それ以外の会社でも同等の枚数の売り上げがなければ計算があわないでしょう。そして現在、(専属でなく)併売でPixtaのレベル5を獲得できるひとは、CG合成の専門家かフードフォトグラファーのごく一部くらいだと思います。

クリエイター名を公開していないブログは、とくに収益の報告をしている場合には、注意が必要です。 

ただし、クリエイター名を公表せず、ごくわずかな収益を報告している場合には、罪もなく、それは本当かもしれません。