ヨーロッパでコロナの第二波が猛威を振るっているようです。

幸い、日本やアジア地域ではそれほどではないにせよ、秋から冬にかけて再度感染の流行が起きてもおかしくないように思われます。

日本でも北海道や東北で感染者が徐々に増え始めているようなので、年末あたりにはまた全国的に外出禁止などの措置がとられるかもしれません。

カメラマンにせよ、ほかの仕事にせよ、できるうちにできることをやっておくのがよいようです。

今年の春夏はコロナによって思うように撮影ができなかった分、9月後半から意識的に撮影数を増やしています。

ちなみに今月(10月)は、ストックフォトの撮影を10回以上行いましたが、来月もできるだけこのペースを落とさないようにしていきたいと思います。

いつまでコロナの状況が続くのか、いつまでマスクをつけた写真を撮影すべきか、コロナに関する今後の不確定要素がたくさんあって今後の綿密な計画が立てにくい現在、撮れるときに撮れるだけ撮ることに集中しようと思っています。